「nothingman」「キネマズ」のVo.G 宮下浩によるブログ。■nothingman http://nothingman.biz/ ■キネマズ http://kinemas.net/
台湾に行ってきました。

先週、台湾でライブしてきました。

 

今回は

Vo.AG 宮下

Gu ムッティー

Key いとま

Ba ボラン

Dr さとうかおり

Vo&Cho 平井亜矢子

の6名。

 

 

 

初日は嘉義への移動日。

キネマズ台湾スタッフであるトーマス達が桃園空港まで迎えに来てくれて、

その車でまずは台中まで。

台中まではおよそ2時間。

タピオカミルクティー(珍珠奶茶)発祥の地「春水堂」に連れて行ってくれました。

 

珍珠奶茶ももちろんおいしかったですが

初めて食べた”大根モチ”、これが美味かった。

台湾の朝食としては割とポピュラーらしいんですが

ま、僕ら朝は大体酔いつぶれて寝てますから・・・。

 

台中を後にし、1時間ほどで嘉義へ。

ホテルにチェックインし、荷物を置いて

WAKE UP初日(7/7,8,9の三日間開催。キネマズは7/8出演)に遊びに行きました。

その後、日本から別々で来ていたMILKBARと合流、

トーマス達も交えて飯を食ったり呑んだりして。

自分は翌日に備え早めに退散しましたが

みなさん夜も遅くまでお呑みになっていたそうです。笑

 

 

 

 

二日目。

WAKE UP FES出演当日。

今回のプロモーションにはかなり台湾のスタッフのみんなの力を借りてまして。

Facebook等の権限も全て渡し・・・。笑

そのおかげでキネマズの出番の時には沢山の人が集まってくれました。

本当に感謝です。

ありがとう。

 

■WAKE UP FESTIVAL

1.BACK

2.Play back

3.世界はひとつ(World is one)

4.Coming back

5.Fly baby

6.楽しい夜のその後は(After a fun night)

7.店員さんがかわいい(KAWAIIKAWAIIKAWAII)

 

 

出番後に、雨が降ってきて。

MILKBAR含め、野外ステージ予定だった多くのバンドが

演奏できなくなってしまいました。

 

急遽屋内ステージを延長し、MILKBARもそこで演奏。

かなり遅い時間でどうなるか・・・と思ってましたが

逆にとても沢山の人が集まってくれて。

ライブもめちゃくちゃ盛り上がってました。

ムッティーもギリギリまで外でMILKBARの宣伝してたりして

色んな角度から、いい物見たな。。。って感じです。

 

WAKE UPは来年も出たい。

けど、呼ばれないと出れないからね。

もっと広くいろんなことを知っていって、

その先にまた帰ってこれるように。

 

この先の一年を、そんな感じにしたいなと思いました。

 

したいな、じゃないんです。するんです!

 

多謝你!

 

 

 

 

 

 

 

三日目は台北でキネマズ自主企画。

台鐡・嘉義駅の近くに泊まっていたので

まずは高鐡・嘉義駅へ移動します。

*台鐡は日本でいうところの普通電車、高鐡は新幹線ですが

 台湾の新幹線は、台北以外は基本的に駅がそれぞれ離れています。

 後から新幹線を作ったからですかね?

 

高鐡・嘉義駅行きのバスに乗ろうとしたところ

タクシーのおばちゃんにと声をかけられ・・・

 

おばちゃん「高鐡の嘉義駅へ行くんでしょ?400元でいいよ。」

自分「300元ならいいよ。」

おばちゃん「うーん。じゃ350元!」

自分「ダメダメ。そもそもバスのほうが安いんだから。」

おばちゃん「もー。じゃあいいよ、300元で。」

(*バスなら一人25元くらいだから、6人でも150元くらい。

バスの倍くらい払ってるけど、そこは荷物代ってことで。)

 

という値段交渉の末、大人6人のキャリーバッグや楽器諸々を

おばちゃんのタクシーにつっこんで笑、高鐡・嘉義駅まで。

 

このおばちゃんが、まあ一方通行とかはちょいちょい無視していくんだけど、笑

自分たちも割と時間ぎりぎりだったから結果助かりました。

(タクシーのメーターは330元くらいだったからちょっと安く行けたのかなと)

 

無事新幹線に乗り込み、約1時間半後に台北駅へ。

台北駅にて撮影のスタッフ達と合流。

今回の旅の目的の一つに、ミュージックビデオの撮影がありまして。

移動しながらカメラ回してもらいました。

 

お決まりの「鼎泰豊(ディンタイフォン)」の小龍包を食べ、

台北のバンドが普段練習しているスタジオを見学したりして

ライブ会場のAPAminiへ。

 

リハ後、去年の夏以来、どうしてもまた見に行きたくて

かおりさん、あやこちゃん、いとまと共に

APAminiの近くの「中正紀念堂」へ。

雨が少しパラついていたけど、相変わらず圧巻。

「これは写真じゃ伝わらないね」とみんなで感動。

 

実はボランも誘ったんだけど

「僕は前に見たんでいいです。」って断られてて。

あやこちゃんと「これを前に見たんでいいです、って・・・本当信じられない。」と

ひとしきりボラン批判をして会場へ。笑

 

ライブは台北のOh-Oh NEX、MILKBARと続き、キネマズ。

 

当初は7曲くらいの予定だったんだけど

台湾入り直前にトーマスから「もっとやってよ」と連絡をもらい

あと撮影のマースが、会社員の憂鬱が好きだというので

色々盛り込んでこのセットリストになりました。

 

■APAmini

1.そばにいれば

2.radio

3.BACK

4.Play back

5.世界はひとつ(World is one)

6.Coming back

7.Fly baby

8.会社員の憂鬱

9.楽しい夜のその後は(After a fun nighit)

10.see the light

 

en.蓋

en.店員さんがかわいい(KAWAIIKAWAIIKAWAII)

en.Taiwanese girls so cute

 

 

とてもとても長い時間の演奏で、

終わったら電車がない!という感じだったみたいで・・・。

お客さん困らせてしまって申し訳ない。

今度はもうちょっと早くやるか、

二組にするか、もしくはまたワンマンでやるから。

たっぷり楽しもう。

でも時間を忘れて楽しんだって声をもらって

本当にうれしかったです。

 

みんなありがとうございました。

多謝你!

 

 

 

ライブ終わって、荷物片づけて写真撮って・・・諸々

終わって、打ち上げに参加し始めたのが夜中の2時過ぎ。

もう体力なんか微塵も残ってない・・・と思いきや

台湾ビールと打ち上げ飯のうまさにどんどんテンションあがってきて、

でもやっぱり体力は残ってなくて。笑

朝4時過ぎ、みんなとお別れ。

最後まで残って見送ってくれる台湾のみんなに

僕らもかなりぐっとくるものがありました。

本当に感謝です。

 

 

 

 

 

 

 

日本の外でライブをやること、

まだ台湾しか経験していない自分に語れることなんか何もありませんが・・・

国内外を問わず

自分たちの音楽を好きでいてくれる人がいるなら

いつだってその人の前で演奏したい。

その人たちが喜ぶことだけをやりたい。

逆に、その人たちを大事にする以外のことに費やす労力とか時間なんて

自分の人生のどこを切り取っても無いな。って思います。

 

時間って、本当に無い。

無い無いと、振り返ってる暇も無い。

 

毎日何か一つ、ほんの小さなことでもいいから

積み重ねていく、トライしてみる。

 

自分の気持ちに嘘はつかない。

 

やった後悔は抱えていくしかないけど

やらなかった後悔を抱えて生きてはいかない。

 

うまくいかないことは全て自分のせい。

うまくいったことは全て周りのみんなのおかげです。

 

頭ではわかっているけど流されがちな気持ちを

台湾はいつも思い出させてくれます。

背筋を伸ばしてくれます。

本当に好きな場所です。

 

今は何かとがんばることしかできないけど・・・

そう、つまりがんばることしかできないので、がんばります。笑

 

って、好きだからやってるだけなんですけどね。

 

また行きます。

 

 

”大家一起跳舞吧!
一起唱歌吧!”
 

多謝你!

 

 

 

 

 

- comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://nothingman.jugem.jp/trackback/947
<< NEW | TOP | OLD>>