「nothingman」のライブ情報をお伝えしています。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
『小さなライブハウスのステージの上から』私流・全曲解説




11月になりました。



『小さなライブハウスのステージの上から』
をリリースした時、タワーレコード 近鉄パッセ店のスタッフから
お店用に「全曲紹介を書いて欲しい」と言われ
書いたものをご紹介します。






1.小さなライブハウスのステージの上から

新しいステージ、新しい旅立ち。
今まさにこの試聴機の目の前にいるあなたに向けて。



2.あと少し

悔しいと感じるということは、そこに自分のプライドがあるからだと思う。
自分にとっても、うまくいかなくて深く後悔したライブがあります。

「もう二度とあんな思いはしたくない。」
戒めの意味も込めて書き始めた曲だったんですが、
書いているうちに、自分にとっての「バンド」というプライドが
いかに大きなものになっていたかってことに気がつきました。

自分にとっては、たまたまそれが「バンド」だったけど
これだけ悔しさを感じることが出来るものが自分の中にあるってことが
もしかすると、とても幸せなことなんじゃないかと思えて。

立ち向かうことに疑問すら感じない物、事。
あなたの中にもありますか?



3.-fanfare-

言葉の代わりにメロディーを。
支えてくれる仲間の歌声。
一緒に歌ってください。



4.beautiful world

日常の、ほんの一瞬の出来事を
まるで映画のワンシーンのように捕らえることができたなら。
この繰り返しの毎日を僕は
この一度きりの人生を僕は
輝く毎日に変えていきたいのです。



5.通り雨

連日30度を超える暑さの影響か
ゲリラ豪雨や突然の雷が鳴り響く2013年の夏。
度重なれば慣れてしまうゲリラ豪雨も
降りはじめはただの雨と変わらず
止まない雨は無いと、頭ではわかっているものの
それがいつ止むものなのかは誰にもわかりません。

僕もそうでした。
いつかは晴れると信じていました。



6.one

ありふれた言い訳を
並べて自分守らないで。



7.higher

初夏の空に、低く鈍い音を立てて飛行機が飛んだ。
開けっ放しの窓からは、蝉の鳴く音が止まらない。
目を閉じれば、心を閉じれば
いつでも、いつまでも昔に帰ることができる。
あれから何度目かの夏が来た。
僕はまだ今日も変わらず歌を歌っています。



8.会いにいく

もう一度、またここから。
今度は、あの頃はまだいなかった新しい仲間を連れて行くよ。



9.endroll

もう何年も昔に書いた曲。
自分の人生を場面ごとに分割するとしたら
間違いなく、どこかの場面のエンディングに選ぶと思う。
「普段からよく演奏する曲」では無くなってしまったけど
自分が歩いてきた道を、いつでも確認できるように
歩いてきた道を、あなたにも知ってもらえるように
今回このCDに収録しました。

あれから人生、楽しいことばかりでは無かったけど
暗いことばかりでも無かったよ。
あの日の自分と肩を組んで
僕らの音楽が間違ってなかったことを証明しに行くんだ。



10.ハッピーエンド

物語は終盤へ。
このCDも終盤です。

エンドロールのその先を。
不安は抑えこまなくていい。
一緒に連れて行けばいいんだった。



11.sands of time

「sands of time」=「時の砂」
さらさらさらさら少しずつ
時間と思い出を重ねてここまで来ました。
同じようで違う砂の粒が
偶然も必然にして一つの山を築いていきました。

ひっくり返すには重過ぎるし
ひっくり返しても、もう二度と同じ山は造れないし
何より僕、今目の前にあるこの山が気に入っているんだよね。

どんどんどんどん新しい砂を足して
無くなりそうになったら
また誰かのところにいって砂を分けてもらう。
その繰り返しの毎日がこんなにも愛しくなるなんて
一体誰が想像できたでしょうか。


今、まさにこの文章を読んでいるあなたから
新しい砂を分けてもらったよ。
ちゃんと僕らの砂時計に足しておくからね。

願わくばこのCDが
僕らがあなたに貰ったように
あなたの人生に、ひとかけらの幸せを
もたらすことを願っています。

出会ってくれてありがとう。

ありがとう。

ありがとう。







 

クアトロワンマンまであと15日。




 


■2013/11/16(土)@NAGOYA CLUB QUATTRO
nothingman ONE MAN LIVE
『いつか大きなステージの上から』

開場18:00/開演19:00
前売2500円/当日3000円(1ドリンク別500円要)

【プレイガイド】※9/14(土)より発券開始。
●チケットぴあ:P-204-220
●ローソンチケット:L-41788

●お問い合わせ:クロスロードミュージック(052)732−1822


【メールでのチケット予約について】
info@nothingman.biz まで お名前(カタカナ)/希望の公演日/枚数 を記入し、メールをお送りください。
後ほど、受付完了メールとチケットの受け渡し方法をお送りいたします。

 

【入場について】
入場が混雑する場合、ー蠻笋螢船吋奪箱有▲廛譽ぅイド⇒メール予約 の順にご入場となります。あらかじめご了承ください。
尚、既にメール予約をいただいている方で、その後[手売りチケット][プレイガイド]を購入された方がおられましたら、お手数ですがご一報いただけると幸いです。


※この日のために今日まで活動して来ました。
是非ともよろしくお願いします。


[NAGOYA CLUB QUATTRO]
愛知県名古屋市中区栄3-29-1 名古屋パルコ東館8F
TEL:052-264-8211
アクセス:名古屋市営地下鉄名城線「矢場町駅」下車すぐ
http://www.club-quattro.com/






 

 

- - trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://nothingman.jugem.jp/trackback/534
<< NEW | TOP | OLD>>