「nothingman」のライブ情報をお伝えしています。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
『杏花村大感謝祭』について
 
『杏花村大感謝祭』

日時 9/29(木) 開場18:00 開演18:30
場所 クラブロックンロール
前売/当日ともに ¥1500(ドリンク代込)

出演 nothingman/アサダタクヤ(swimmy)/里帰り
        杉本恵祐(シャビーボーイズ)/Dinner Set/ワッペリン

前売・当日 ともに同じ金額なので
予約はしてもしなくても同じ値段で大丈夫ですが
すでに「いくよ!」という方がいらっしゃれば
ご予約いただければと思います。
(本当、どっちでも大丈夫なんで。)

尚、各組持ち時間短めです。
ご了承ください。




『杏花村』というのは
名古屋市・新栄にある中華料理屋で
主に新栄界隈のライブの打ち上げで利用していました。
中国から来た 李さん夫婦と、そのほかのスタッフの方で切り盛りしてます。

李さん夫婦は、僕の印象ではあまり日本語が上手ではなく
ライブがある時、打ち上げの会場予約する時も
電話だといまいち僕の言ってる事が伝わっているのかがわからないので
リハ終わりに直接お店にいっては
「11時、20人、クラブロックンロール」と、座敷席の方を指差しながら伝えると
決まって李さん(奥さんのほう)が
「わかります」と答えてくれました。

ロック、ダイア、アポロ・・・などの
新栄近隣のライブハウスのことはわかるらしく
既に予約が入っている場合は
「アポロ・・・」などと、申し訳なさそうな顔をしながら
既に予約が入っていることを伝えてくれました。

メニューを頼む時も
設定金額を伝える時も
必ず「わかります」といってくれる李さん(奥さんのほう)が
酔っ払った僕らの雑な注文(笑)にも嫌な顔一つせず
遅くまで店を開けてくれていました。

打ち上げは大体座敷でやるんだけど
座敷席の壁には、これまでここで打ち上げをやったバンドの
バックステージパスが貼られています。
ちなみに僕らのバンドポスターも貼ってくれています。

基本、閉店時間は1時か2時くらいのはずなんだけど
ぐだぐだと居続ける僕らを
大体4時くらいまでは大目に見てくれてました。
(そういえば何時閉店なのか気にしたことないな・・・。)

朝4時くらいまでいると
モーニング娘。が爆音でかかって
おそるおそる李さん(旦那さんのほう)のほうを見ると
ニヤニヤした顔でこっちを見てて
ああ、帰れってことなんだな・・・と
しぶしぶ2軒目に繰り出した日々を思い出します。


近年、新栄で打ち上げといえば「杏花村」でした。
薄暗い裏路地にひっそりとある中華料理屋なので
中々見つけづらいかもしれませんが
カタコトだけど気のいい中国人の主人・李さん夫婦に迎えられて
ビールとコーラとウーロン茶で
沢山のバンドと仲良くなりました。






このブログを見ている人は
既に知っている人もいるかと思いますが
今月一杯で、李さん夫婦が杏花村を去ることになりました。
しばらくしたら、一度帰国するそうです。

※杏花村自体は閉店しないようなのですが
なにぶん、言葉がよくわからないので
細かい内容についてはあまり話をしてないんですが
9/30が最後の仕事のようです。
(10/1以降、店がどのような形になるのかはわかりません。)


李さんがやめる、って話を聞いた日に
最後にみんなで杏花村に行きたい、という気持ちと
杏花村に行くなら打ち上げでだろー、という気持ちがあって
すぐにクラブロックンロールと相談して
(わがまま言ってすいません・・・。)
29日なら空いてる、といってくれたので
そのまま杏花村に行き、29日の打ち上げの予約をしました。

カレンダーの9/29を指差しながら
「ロックンロール 10:30 30人くらい」と言いました。

奥さんが「わかります」と言ってました。




それから、知ってるバンドに声をかけました。
日程が近かったため、メンバーの都合がつかないバンドも多かったですが
みんな気持ちのいい返事をくれました。

soulkids、cinema staffといった、上京したバンドにも声をかけました。
さすがに帰ってくることはできなかったけど
みんな杏花村のことを気にかけていました。





冒頭でお伝えしましたが
そんな経緯から、9/29にロックンロールでライブします。
メンバーの都合や、時間帯の都合で
日程が近く、出演できなかったバンドも多かったけど
僕等含め、全6組が出演することになりました。

またこの日は10:30ごろから、打ち上げと称した弾き語りを
杏花村で行う予定です。
若手から先輩まで、飛び入り大歓迎です。
特に中国語の歌が歌える方いらっしゃいましたらご一報ください。


李さん夫婦は、バンドマンみんなの顔はわかるのですが
誰が何をやっているのかは全然わからないそうなので
最後李さんに、どんな音楽やってたかを見せに来てください(笑)





今後、杏花村がどのようになるのかはわからないけど
もしかすると新しい店長が来て
壁に並んだバックステージパスも
綺麗にはがされちゃったりするのかなー。

閉店時間が来たら
帰らないといけなくなるのかなー。
(いや、言ってることが可笑しいのはわかってるんだけどね(笑))











こないだ、言葉が通じないからと
Excite翻訳で翻訳した中国語の文章を印刷して
杏花村にいってきました。

「29日に、ロックンロールで李さんたちのためにライブをやります。
お店開店中だからずっとは無理かもしれないけど、少しでいいから観に来てください。
あと、その後ここで、歌を歌ってもいいですか。」


李さん(奥さん)は、少し黙ってから




「ありがとうございます」

と、言ってくれました。









最後に、急遽お店を空けてくれたクラブロックンロールと
気にかけてくれた沢山のバンド・お客さんに感謝を。

クラブロックンロール(本多さん)からは色んな助言もいただき
更にチケットの値段設定も、普段じゃ考えられない値段にしてくれました。
本当にありがとうございます。
李さんはロックンロールの中を見たことがないので
帰国前に、ロックがどんなところか見てもらえるのも楽しみです。

ロックンロールでは寄せ書き用の布など用意しますので
よかったら一言書いてあげてください。






李さんは、名古屋のバンドマンが大好きなんだそうです。
最後にみんなで、杏花村で乾杯しましょう。


よろしくお願いします。




 
- - trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://nothingman.jugem.jp/trackback/194
<< NEW | TOP | OLD>>